俳優、タレント、音楽、舞踊、美術、工芸、デザイン、写真、映像、作家、文筆など芸能・芸術・文化に携わる方の国民健康保険です。
サイト内検索 
powered by Google
 

新型コロナウイルス感染症に感染等をして
就労できずに給与を受けられない場合の傷病手当金について


 国民健康保険組合に加入中の被保険者(給与の支払いを受けている方)が、新型コロナウイルス感染症に感染したとき、または発熱等の症状があり当該感染症の感染が疑われるときに、就労することができず給与を受けられない場合、傷病手当金を支給します。
 
支給にあたっては、下記の通り申請が必要です。
      
支給の対象となる方(下記3つすべての条件を満たす方が対象です)       
1.組合に加入している被保険者で「給与の支払いを受けている方」であること。       
2.新型コロナウイルス感染症に感染した、または発熱等の症状があり感染が疑われる方で、療養のために就労することができなくなった方。       
3.給与の支払いを受けられないか、一部減額されて支払われていること。
      
支給対象期間         
仕事をすることができなくなった日から起算して3日の待期期間(3日間連続していること)を       
経過した日(4日目)から仕事を休んだ日数
      
支給額の算定方法               
(直近の継続した3ケ月間の給与収入の合計額 ÷ 就労日数) × 3分の2 × 就労を予定していた日数       
※就労することができなかった期間に給与等の一部が支払われている場合、その支払われている額が、上記で算定した支給額より少ないときはその差額を支給します。       
(上記で算定した支給額より多い場合は支給対象外となります。)       
※1日あたりの支給額には上限があります。       
      
適用期間              
令和2年1月1日から令和3年3月31日の間で療養のため就労することができない期間       
(ただし、入院が継続するときなどは最長1年6月まで)       
      
申請方法        
申請書、事業主の証明、医師の意見書(医療機関を受診したとき)等が必要となります。                   
      
      
      
大阪文化芸能国民健康保険組合